病気について
ヘリコバクター・ピロリ(以下ピロリ菌)は、1980年代にオーストラリアで発見されました。
 
ウレアーゼという酵素により胃の中の尿素からアンモニアを作り出し、胃酸を中和することで強酸性の胃のなかでも生きていられます。
 
日本人のピロリ菌感染率は先進国の中では高く、60歳代以上では60%以上が感染していると言われています。
ピロリ菌検査としては
以下があります。
内視鏡による生検組織を必要とする検査法
@ 迅速ウレアーゼ試験
A 鏡検法
B 培養法
内視鏡による生検組織を必要としない検査法
@ 尿素呼気試験
A 抗H. pylori 抗体測定
B 便中H. pylori 抗原測定
当院では精度が高いと言われる尿素呼気試験、便中H. pylori 抗原測定を主に行っています。
治療としては、現在
プロトンポンプ阻害薬(PPI) + アモキシシリン(AMPC) + クラリスロマイシン (CAM) を1週間投与する3 剤併用法を、一次除菌治療
 
プロトンポンプ阻害薬(PPI) + アモキシシリン(AMPC) + メトロニダゾール(MNZ) を1週間投与する3 剤併用法を、二次除菌治療として保険で認められています。
以下の疾患ではピロリ菌除菌による有効性が確認されています。
胃・十二指腸潰瘍
胃MALT リンパ腫
特発性血小板減少性紫斑病
早期胃癌内視鏡的治療後の異時性発癌
萎縮性胃炎
胃過形成性ポリープ
機能性ディスペプシア
現在、ピロリ菌の検査、治療が保険適用になっているのは以下です。
@ 内視鏡検査又は造影検査において胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の確定診断がなされた場合
A 胃MALTリンパ腫
B 特発性血小板減少性紫斑病
C 早期胃癌に対する内視鏡的治療後
D 内視鏡検査において胃炎の確定診断がなされた場合
生活習慣
(食事、運動、喫煙、飲酒等)が発病に深く関係していると考えられる病気です。
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が浅くなったり止まる病気です。
頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
 
10秒以上の呼吸気流の停止を無呼吸、換気量が規定以上に低下した状態を低呼吸とし、1時間あたりの無呼吸+低呼吸の回数が5回以上あり、昼間の眠気や倦怠感などの症状を伴う場合が睡眠時無呼吸症候群です。
寝ている間の無呼吸は自分ではなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推察されています。 
 
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸により、気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があることです。
SASでは高血圧、心臓病、脳卒中に2〜5倍なりやすく、糖尿病の合併が多いことが分かっていますし運転中の眠気の割合は、非SAS患者と比較して4倍、居眠り運転では5倍という調査結果も示されています。
 
当院でも疑いのある患者様にお声かけし検査を受けていただくと、程度の差こそあれ、ほぼ皆さん無呼吸症候群と診断されます。
現在、自宅で取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる簡易検査を行っており、手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を調べることができます。
多くの場合はまずこの簡易検査から行ないます。SASが疑われる場合は、耳鼻咽喉科で鼻や喉の状態をチェックすることと、病院に一泊する精密検査が必要になることがあります。
 
御家族からいびきや睡眠中の呼吸停止を指摘された、起床時に頭痛がある、すっきり感がない、昼間眠気がくるなどの症状がある場合はSASの可能性が高いですので、まずは簡易検査をお勧めいたします。
詳しくは当院にご相談下さい。
辻医院
お知らせ 医院案内
診療案内 内視鏡検査
院長紹介 病気について
Q&A リンク
〒800-0017
福岡県北九州市門司区永黒2丁目9-18
TEL 093-381-4619