北九州 門司区【辻医院】 大腸 内視鏡 内科 小児科 消化器科 呼吸器科 予防接種 発熱 病院

北九州市門司区 辻医院 お問合せ 093-381-4619
北九州市門司区 辻医院ブログ ありがとう通信
北九州市門司区 辻医院 診療時間
 
/ /
※火曜午後は訪問診療
詳細はこちら
北九州市門司区 辻医院 案内地図
ご挨拶
こんにちは!医療法人辻医院 院長辻雄一郎です。
当院のホームページにご訪問いただき本当にありがとうございます。
当院は食道・胃・大腸・肝臓など消化器疾患の診断・治療や、生活習慣病(糖尿病・高血圧症・高コレステロール血症)の診断・治療に力を入れています。
高齢化にともない急増している認知症や、通院が困難な方への訪問診療にも対応しています。
内視鏡専門医として胃・大腸内視鏡検査を積極的に行い、特に近年増え続けている大腸がんの早期発見に努めています。
“笑顔・挨拶・コミュニケーション”
私たちが診療と並びとても大切にしていることです。来院された方々に心からのおもてなし、癒しを提供できるよう心がけています。
地域の方々とご家族みなさまのホームドクターとして最適な医療を提供して参ります。
お気軽に何でもご相談ください。
特定健診、がん検診、内視鏡検査について
緊急事態宣言が解除され、特定健診、がん検診を受けていただけるようになっています。
内視鏡検査に関しては
日本消化器内視鏡学会の提言である以下
1. 全国的な緊急事態宣言解除に伴い、適切なトリアージと確実な感染防護策により、検診を含む通常消化器内視鏡診療の再開は可能。
2. SARS-CoV-2感染が確認された有症状者でも、発症日から2週間経過し、かつ症状軽快後72時間経過した場合、あるいは10日以上経過しPCR検査2回にて陰性が確認されている場合は、治癒していると考えて通常内視鏡検査は施行可能。無症候陽性者も同様。
に従いまして、確実な感染防止対策をとりながら、行っております。
受診する際は、マスクの着用をお願いいたします。
院内での感染防止対策について
北九州市では、5月末から新型コロナウイルス感染症が、再び増加しております。当院では、4月の流行期から、様々な感染対策を行ってきました。
スタッフの検温と呼吸器症状の確認
スタッフ全員のサージカルマスク、めがね着用
状況により、手袋、フェイスシールド、ガウン、キャップの使用
院内消毒の徹底  
(カウンター、机、椅子、スイッチ、取っ手、トイレなど)
玄関や院内に手指消毒液の設置
発熱や呼吸器症状のある方は、通常診察の方とは別の入り口、導線から診察スペースへご案内  詳しくはこちら
各所に空気清浄機を設置、窓の開放、換気扇による換気
などです。
発熱、咳などの呼吸器症状、下痢などの腹部症状のある方は、
まず、専用ダイアル090-4512-4619 へおかけください。
スタッフが症状をお尋ねし、受診方法や入口のご案内をさせて頂きます。
今後も、できる限りの院内感染防止対策を行って参りますので、安心してご来院いただければと思います。
北九州市の内視鏡による胃がん検診を行っています。
・対象者:50歳以上の北九州市民
・検診内容:胃内視鏡検査
・受診回数:2年度に1回
・受診料:1,000円
ただし、次の方は受診料が免除されます。
1.70歳以上の方
2.市民税非課税世帯の方
3.生活保護世帯の方
4.後期高齢者医療被保険者証を持っている65歳〜69歳の方
経鼻内視鏡は月曜〜土曜日8時より、大腸内視鏡は月・水・土曜日12時30より行っています。
原則的には予約制になります。  詳しくはこちら
傷の湿潤療法を行っています。痛みが少なく、傷跡が残りにくい、傷にやさしい治療です。 詳しくはこちら
火曜日午後、金曜日の14時〜15時に訪問診療を行っています。
ご高齢などで通院が困難な方はご相談ください。
診療予約・受付管理システムが「ドクターキューブ」に変更になりました。
 詳しくはこちら
血液検査で手軽にできる、胃の健康度チェックを行っています。
詳しくはこちら
Copyright (c) 2008 TSUJI Clinic All Rights Reserved
〒800-0017 福岡県北九州市門司区永黒2丁目9-18 TEL 093(381)4619 辻医院
| HOME | 医院案内 | 診療案内 | 院長紹介 | リンク | 内視鏡検査 | 内視鏡Q&A | 予防接種・健診 | 特定健診 | インフルエンザ |
| 大腸ポリープ | 生活習慣病 | 慢性便秘症 | 潰瘍性大腸炎 | 過敏性腸症候群 | ヘリコバクターピロリ | 睡眠時無呼吸症候群 |
| 逆流性食道炎・胸やけ | 血便・下痢 |